IT・ネットワークマネージメント

Flex Fleet Tradingでは世界的に流通しているオープンソースシステムを活用して合理的なコストで高機能・高性能なシステムやアプリケーションをローカライズ(日本語化)して提供します。

ゼロから日本人により国内で設計開発されたプログラムは日本語対応多当然ですが日本の文化や習慣に100%合致した製品を作り上げることが出来ますがその分コストが上がります。 またそこに携わる技術者の数が圧倒的に少なく永続性に疑問があります。

世界中の技術者が協力して様々な言語で開発され、さらにトラブル解決やアップデートを繰り返し維持されてい素晴らしいアプリケーションやシステムが無数に存在しています。

日本語化を行い可能な限りのカスタマズにより日本独特の商習慣や風習に合うように機能を改善して完全ではなくとも実用上は問題ないレベルであることがほとんどで、これによりこれらのシステムの恩恵を受けることが出来ます。

どのような恩恵か実感しにくいと思いますので私が常に感じていることを申し上げます。

何かのトラブル解決策をネット上で検索して探しているとします。

「日本語で入手できる情報量と英語での情報量の差です!」

加えて、

「日本語を話す技術者と英語を話す技術者の技術量・経験量の差」

この規模の差が最終的にはコストに直結します。

言い換えると英語が苦手な為に日本語の世界での独自路線を進みいわゆるガラパゴス化に直面したり市場原理が働かない状況でコストが膨らみクライアントの受ける恩恵が小さくなります。

もちろんコストをかけてクライアントの要求に忠実に開発してクライアントが納得するシステムを作り上げることも価値があります。

開発者の言語による障壁を超えて世の中に存在する素晴らしいシステムを上手に活用・適用することによりクライアントも開発者もともに様々なコスト(労力)をコントロールでき長期的にはコスト管理上の恩恵を受けることが可能になります。

同時に既存業務をIT化する時とは既存業務フローを見直す最大のチャンスであり上記の恩恵を受けるチャンス(機会)でもあります。

Flex Fleet Tradingはこの理念を基に業務フローの見直しを含めた合理的なリソースマネージメントをアシストします。

オールインワン施工

トラブルフリーに越したことはありませんが現実的には運用開始前の準備テスト段階ではもちろん運用開始後も何かしらのトラブルは発生します。 トラブル発生時に無駄なく敏速に対応できる能力が大切です。 このためにはネットワーク設備の施工を複数の業者が設備ごとに分断して管理していては敏速な対処は望めません。

ネットワーク機器の設置、LANケーブル配策工事施工、付随する電気工事とそれらの機器の設定のすべてを行います。 これにより運用開始後のメンテナンスや万一トラブルが発生した場合にハードとソフトの両面から実際の施工経験を踏まえて対応できることが我々の強みです。

  • pfSense (ルーター・ファイアウォール)
  • Pi-hole
  • HAProxy
  • OpenVPN
  • Let’s Encrypt SSL証明書管理 ACME/SSL Offloading
  • VLAN

自社サーバー・オンプレミス開発環境

オンプレミス自社サーバーにより仮想化環境をローカルで実現しよりスピーディーに詳細な検証やテストが可能になり小回りの利いた開発を可能にします。

特に小規模なオンプレミスシステムから将来商業サーバーにマイグレートする可能性のあるシステムまで小回りの利くサポートを提供します。

  • XCP-ng ハイパーバイザー
  • True NAS
  • Zone Minder (IPカメラ録画解析ソリューション)
  • Next Cloud
  • SycnThing

アプリケーション

  • vTiger CRM

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする